受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

不動産長者グランプリ2022 特別PROFIT賞
不動産投資スクール2015年 フィールドワークゼミ2017年

一番大きく変わったのは時間の使い方。「投資や自分の家族との時間>残業」

上原 徹平さん 専業大家/東京都

受講後の変化

Before
不労所得へのあこがれ
After
年間家賃収入1,300万円を達成

その他の受講履歴

株式投資スクール(2015年)、会計スクール(2017年)

history

  • 2013年

    マイホーム購入を決意するも直前で申込キャンセル

    知識ゼロから新築マンションを探し始め、3件目の見学で購入を決意。しかし契約前日に怖くて眠れなくなり申込をキャンセル

  • 2014年

    改めて検討し直し、マイホームを購入

    その後20件以上検討してマイホームのマンションを購入。不動産における資産価値の大切さと、知識をつけることの重要さを知る

  • 1ヶ月目

    2015年1月 不動産投資スクールを受講開始

    新築マンションではなく、築古マンションにこそ投資妙味があることを学ぶ

  • 5ヶ月目

    共に学びあった仲間とスクールの再受講を開始

    1回目の講義で知り合った仲間と再受講を開始し、毎週講義後に食事をしながら学びや実践の成果を語り合う

  • 10ヶ月目

    初めての投資用区分マンションを購入

    100万円以上の値引きに成功。講義で学んだ方法で、安価で信頼できるリフォーム業者を見つけ、ボロボロ物件をフルリフォーム

  • 12ヶ月目

    2件目の投資用区分マンションを購入

    価格交渉の回を再々受講。その5日後に講義で紹介された手法を真似て交渉し、900万円の物件を半額で購入することに成功

  • 14ヶ月目

    初めての家賃収入を得る

    2件の区分マンションにほぼ同時期に入居者がつく。最初の家賃を手渡しでもらい、初めて給料をもらった時のような感動を味わう

  • 18ヶ月目

    3件目の投資用区分マンションを購入

    実需向けの売却を経験するため、フルリフォームを実施後に即売却。約250万円の売却益を得る

  • 20ヶ月目

    フィールドワークゼミ受講

    区分を3つ所有し、次なるステップとして一棟アパートの購入に向け、より実践的なゼミの受講を開始。

  • 30ヶ月目

    初めての一棟アパート購入

    横浜市に新築の一棟アパートを購入。即満室となり、新築ながら利回り9パーセントを実現

  • 2020年7月

    法人を設立

    家族の協力のもと法人を設立。今後さらに規模を拡大していくための新たなステージへ

  • 2022年7月

    サラリーマンを引退。専業大家となる

    専業大家として新たなスタートを切る。一度きりの人生を謳歌するため、今後はやりたいことを自由にチャレンジする人生を歩みたい

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

2009年頃、社会人になってから5〜6年が経ち、何かお金を増やす方法はないかと漠然と考えていました。父親に紹介された証券会社の担当者に勧められるがままに、南アフリカ(2010年のサッカーW杯カップ開催)とブラジル(2014年のサッカーW杯と2016年のリオデジャネイロオリンピック開催)の外貨建て債券を中心とした投資信託を200万円分ほど購入したのが最初の投資でした。毎月分配型の、今ならば絶対に手を出さないであろう商品でした。2014年にマイホーム購入の手付金を用意するため売却しましたが、投資信託が何なのかもわかっていなかったので、結果的にプラスだったのかマイナスだったのかもわかりません。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

2012年に配属された部署の仕事のひとつに、生活困窮者(低所得者)の住宅支援がありました。仕事でたくさんの不動産業者や大家さんとやりとりする中で、「大家さんって羨ましいな」という感情が芽生えてきました。上述した2014年のマイホーム購入をきっかけに不動産投資について勉強したいと強く思うようになり、以前読んだ『誰も教えてくれないお金の話』に登場する泉正人さんが代表をつとめるファイナンシャルアカデミーならば安心して学べるのではないかと思い、無料体験講座を受けてみることにしました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

一番大きく変わった点は、「残業をしない」という考えを強く持つようになったことです。これまでは労働により給与を得ることが当たり前で、残業をすれば割増賃金により多くの収入が得られるため、適度な残業は喜ばしいことと考えていました。スクールで自分の時間をお金に換えるという価値観を身につけたため、残業をするくらいならば少しでも投資で成果を得るための行動をしたり、自分と家族の好きなことのための時間に充てたりしたいと思うようになりました。また、ファイナンシャルアカデミーが掲げる「すべての人に金融教育を」という理念に強く共感し、自分にも金融教育の普及、とりわけ子どもたちに対しての金融教育で何かできないかと考えるようになりました。

不動産長者になれた理由

一番の理由は、不動産投資を楽しめたことだと思います。授業中に出される宿題も、なかなか面倒だなと思うことがありましたが、やっているうちにどんどん楽しくなっていき、今まで自分の知らなかった世界が開けていくような感覚がありました。ほかには、一緒に勉強してきた仲間の存在も大きかったと思います。みんなで意識を高め合い、お互いの成果を常に共有していく中で、「自分にもできる」という思いを持ち続けることができたのは、仲間があってこその強みだったと思います。

今後目指していく未来

公務員は一般的に属性が高いとされているため、融資という面では本当に強力な武器だったのですが、兼業禁止という高いハードルがあったので、規模を拡大することができませんでした。物件を買い進める中でを辞めるか規模の拡大をあきらめるかという2択を迫られたので、人生の可能性を大きく広げていくために専業大家の道を選択しました。専業大家になりたての今は、まだ余裕のある生活ができるキャッシュフローを稼げていないため、まずは物件をもっと増やしながら不動産の勉強を続けていきたいです。そうした中で、金融教育の普及であったり、資産運用に興味を持つ人へ自分がしてきたことを伝えていけるようになれたらと考えています。

あなたにとってお金とは?

香辛料です。私は胡椒などの香辛料が大好きで、なくても料理はおいしいですが、あればあるほど満足度が高まります。

不動産投資スクールについて見る

フィールドワークゼミについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る