受講生の声Voice

※掲載情報はインタビュー当時の内容です。

株式投資スクール2017年

収入ダウンを機に受講開始。労働収入並の利益で、週休4日ライフを実現

はづきさん アルバイト

受講後の変化

Before
収入ダウンを補填したい
After
労働収入並の利益で週休4日を実現

history

  • 食卓の話題に「お金」が挙がる家で育つ

    祖父母がアパート経営をしていた関係で、子どもの頃から食卓の話題にお金の話があがることが多かった

  • 知識がないままに国債や外貨を購入

    社会人になってボーナスが出ると、よくわからないままに国債や外貨を購入。さらに日本株を購入

  • 多忙になり、保有銘柄をそのままに

    しばらくして気づいたら保有銘柄がマイナスを起こしていて…イヤになって塩漬け状態に

  • 転職を機に収入が1/3に

    収入が激減した反面、自由な時間が増えたので色々な本を読む。その中に、ファイナンシャルアカデミー代表の泉さんの本が

  • ファイナンシャルアカデミーとの出会い

    「ちゃんと株式投資を勉強して収入が減った分を補填しよう!」と思い立ち、体験会に参加

  • 株式投資の収益と労働収入が同程度に

    スクールに通い始めてから約1年が経った頃、株の収益と労働収入が同じぐらいに

  • アメリカ金利の影響で3桁のマイナスを起こす

    アメリカ金利の影響を受け、3桁のマイナスを起こす。売買だけでなく、日本や世界の経済を学ぶ必要があると痛感し大学に入学

  • 投資家・大学生・会社員としての生活を確立

    株式投資をしつつ大学に通う傍ら、元の勤務先に再雇用してもらい都合がつく時だけ自分の裁量で働く日々

  • 会社への依存度が下がったことを自覚

    会社に依存しなくなり、フラットな気持ちで仕事に向き合えるように

  • 週休4日制で仕事と自分時間のベストバランスを保つ

    週3日だけ働き、休みの日は趣味の読書やヨガ、温泉を楽しみ過ごす。死ぬまでにやりたいことを全てやりきる予定。

  • 卒業生代表として「受講生リアルトーク」で登壇

    受講生代表としてイベントで投資体験談を披露。開催後に参加者から寄せられた感激の声が、更なるステップアップの励みに。

  • お金の教養STAGE5を目指し社会貢献を考える

    お金の教養STAGEを上げるため日々邁進。世の中の役に立ちたいと考え、売買益を寄付するなどの社会還元の手立てを考える。

story

ファイナンシャルアカデミーに出会うまで

祖父母がアパート経営をしていた影響で、子どもの頃から食卓の話題にお金の話があがることが多く、投資には漠然とした興味を持っていました。社会人になってからは、ボーナスを元手によくわからないまま国債や外貨を購入。そのうち、それだけでは満足できなくなり、大手証券会社の無料セミナーに参加し、感覚を頼りに日本株も1銘柄購入してみました。何の知識もないまま買ったので、当然と言えば当然なのですが、ある日保有銘柄を見てみたらマイナスを起こしていて、結局その後は塩漬け状態に……。考えるとイヤになるので、そのまま忘れたフリをしていました。

ファイナンシャルアカデミーとの出会い

自炊をする余裕もないくらい毎日忙しく働いていたのですが、40歳を過ぎたころから、徐々に自分の人生について真剣に考えるようになりました。仕事自体は好きで楽しかったのですが、もっと自分の時間が欲しい!と思うようになったのです。そこで、長年勤めてきた会社を思い切って離れることを決意。とても勇気がいりましたが、幸運にも転職は上手くいき、次の職場では残業もなく自分の時間をちゃんと作れるようになりました。ただ、その代償として収入が1/3程度にまで減ってしまったのです。

そんな時にたまたま手にとった本が、ファイナンシャルアカデミー代表の泉さんの本でした。そこでスクールの存在を初めて知り、「人生をもっと自分らしく生きるために、減った分の収入を投資で補填しよう!」と思った私は、さっそく無料体験セミナーに参加。当時担当してくださった株式投資スクールの藤川先生の話を聞いてすごくやる気が沸いたので、入学を決意しました。

ファイナンシャルアカデミーと出会ってから

スクール入学後は、学んでは実際の売買で試す、ということを繰り返し行いました。その努力もあってか、スクールに通いはじめて1年ほどで、株の利益は労働収入と同程度にまでなりました。自分には株の才能があるんだ!とその時は思い上がっていましたね。しかし、この後、アメリカ金利の影響を受け、経験したことのない3桁に及ぶマイナスを出してしまったのです。この時、売買だけではなく、日本や世界の経済を学ぶ必要があるということを痛感しました。授業でも習ってはいたのに、当時はあまり気にしていなかったのです。

経済についてもっと詳しくなるにはどうすればいいんだろう?と思った私は、色々と調べた結果、大学への入学を決意。明治大学の社会人向けスクールの経済学部で、経済に関する基礎知識を学ぶことにしたのです。ですが、大学で学ぶとなると、講義が日中にあるためフルタイム勤務との両立が困難に……。どうしたものか、と考えていたタイミングで、幸運にも元の職場に声を掛けてもらい、アルバイトとして戻れることになったのです。今ではもう大学を卒業していますが、当時は、大学生であり、アルバイトであり、投資家、という、なかなか特殊な3足の草鞋を履いて、刺激的な毎日を過ごしていました。

今後目指していく未来

今、私がどのような生活を送っているかというと、週休2日ならぬ、週休4日で過ごしています。金曜〜日曜の3日間は働き、月曜〜木曜はお休みという、仕事と自分時間のベストバランスを保ちながら、日々を謳歌しています。もし時間だけあっても、お金がなければ、心身ともに充実した自分時間を過ごすことは難しいように思います。今、私が、このような自分らしい人生を送れているのは、「投資を人生の味方につけられたから」だと思っています。行きたい温泉がまだまだいっぱいありますし、人生は一度きりなので、やりたいことは全て死ぬまでにやりきるつもりです。

あなたにとってお金とは?

考えた事と行動の結果の成績表

株式投資スクールについて見る

PICK UP

受講生の声一覧

<新型コロナウイルス感染症に関する対応について>

2021年6月22日追記

当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。

取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。

株式会社FinancialAcademy
代表取締役 泉 正人

スクールや講座に関する
事務局への問合せ先

ページトップに戻る